2018年04月08日

4/2

メンバー
フルート1
オーボエ1
イングリッシュホルン1
ソプラノサックス1
トランペット1
ホルン1
バスクラ1

●ディベルデイメント第4番 モーツァルト
楽しい曲です。3重奏の曲です。

●ラ・カリンダ
3回吹いて、気持ちよく吹けました。途中オーボエ同士楽器を交換などしながら、味わいました。

●グノー 小さな交響曲 全楽章
2番オーボエが暇でした。でも、本日参加できなかったメンバーからは「この曲好きなので、またいつかお願いします!」という反応が。大初見大会シーズンなのですが、最近リクエストが増えつつあるような??

●シベリウス トゥオネラの白鳥
4分の9拍子でアンダンテ。聴くと気持ちいいらしいけど、吹いてて酸欠。イングリッシュホルンが全体的にソロになるらしいのですが、当のソリストが「分かんない」と投げ出しました!また今度、ということで、途中で演奏中止。。。こんなことは滅多にないのですがね。

●モスクワ河の夜明け ムソルグスキー
調号が多すぎ!ふらっと6つからシャープ4つへ。(B♭管)それでも、なんとか演奏しました!

練習終了後のおまけ。
●チャイコ イタリア奇想曲
オーボエ2重奏の主旋律部分を、二人のデュオで。みんなで鑑賞し、脳裏に焼き付けました。

本日が現状メンバーによる「ダブルリード2人」体制の、実質最後の日となりました。前回の話題「北国の新婦」引越し前ということで、演奏の写真や動画を撮って、メンバーで共有しました。いよいよ数日後の船で旅立たれるとのこと。朝に船内の風呂に入りながら日の出が見られるなど、旅の達人の団長さんから、助言がありました。またどこかで一緒に演奏できたらいいなと願います。
【活動レポ2017の最新記事】
posted by kangaku at 06:24| Comment(0) | 活動レポ2017
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: