2019年03月19日

3/18

フルート2
オーボエ1
ソプラノサックス1
アルトサックス1
ホルン1

カルメンより 前奏曲、ハバネラ、カルメンファンタジー
展覧会の絵より プロムナード、ティルリーの庭、殻を付けた雛の踊り、古城、ビドロ

アンサンブルで演奏するには中々の大曲で、最後はエネルギー不足でヘロヘロ感が漂ってました。
【活動レポ2017の最新記事】
posted by kangaku at 07:53| Comment(0) | 活動レポ2017

2019年03月13日

3/11

フルート1
オーボエ1
ソプラノサックス1
アルトサックス1
ホルン1
バスクラリネット1

ロシア民謡「どれほど私がおまえを悲しませたのか」による変奏曲
Happy birthday to you  
チャイコフスキー 交響曲第5番 第2楽章
ラベル マ・メール・ロア 眠れる森の美女/親指トム(親指小僧)/美女と野獣の対話
ヘンデル 水上の音楽

大震災から8年が経ちました。当時、幸いにも団員は皆無事でしたが、仕事や家庭環境が変わってしまった方もいらっしゃいました。今、みんなで音楽を楽しめることを感謝したいと思います。
ロシア民謡の変奏曲は原曲はわかりませんが、吹いてみたこのアレンジは綺麗な曲でした。Happy barthdayは変奏曲です。ワルツやラグタイム風にアレンジしてあります。チャイコの5番は低音の楽譜がクラシック風でないし、フルートの楽譜にはスイングとあり、合わせてみるまで謎でした。実はジャズアレンジ、おしゃれなカフェでのBGMが似合いそうです。
最後は格調高い水上の音楽を全楽章通してみました。もともと華やかな曲なので、ホルンやサックスのキラキラした音が映えていました。



posted by kangaku at 01:00| Comment(0) | 活動レポ2017

2019年03月05日

3/4

フルート1
オーボエ1
ソプラノサックス1
アルトサックス1
ホルン1
バスクラリネット1

シベリウス 悲しき円舞曲
ラベル マ・メール・ロアより パゴダの女王レドロネット
ドビュッシー 前奏曲集第1集より 亜麻色の髪の乙女
さくらさくらの世界めぐり
ショパン ノクターン 遺作 嬰ハ短調
ブラームス ハンガリー舞曲 第5番 第1番

今回も初見大会です!
悲しき円舞曲は最初にそろった3人(フルート、ソプラノサックス、バスクラ)で合わせましたが、楽譜はフルート三重奏(アルトフルート、バスフルート、コントラバスフルート)を使いました。普通のフルートが入らないフルートアンサンブルって、珍しいですよね。これらフルートが三本並んでの演奏、ぜひ聞いてみたいです!
亜麻色の髪の乙女は有名ですが、演奏すると拍がわかりにくい曲。遅れてやってきたホルンさんが拍を数えてくれて何とか通ることができました。
ハンガリー舞曲はテンポの緩急があるので、飛び出したり、遅れないように息をそろえるので、緊張感が漂います。
メンバーからの感想です
新しい曲が多かったので楽しめました。
posted by kangaku at 14:46| Comment(0) | 活動レポ2017

2019年02月26日

2/25

フルート1
ソプラノサックス1
ホルン1
バスクラリネット1

プロコフィエフ ピーターと狼 セレクション
ワーグナー ジークフリードの牧歌
ワーグナー ニュルンベルグのマイスタージンガー 前奏曲
ワーグナー タンホイザー 序曲
チャイコフスキー 弦楽セレナーデより
荒井由実(松任谷由美) 卒業写真

保育所での本番が終わり、参加人数が少なめです。
最初に集まった3人で「ピーターと狼」をやってみます。登場人物(動物)のテーマがいくつも出てきますが、このテーマはだれのだっけ?と。個人的には朗読の入った原曲をもう一度聞き直して、もう一度やってみたいと思いました。
その後4人になったので4重奏になりましたが、終わってみればワーグナー祭りでした。特にマイスタージンガーは多分カットがなく、原曲と同じ尺だったと思います。よく、四重奏に編曲したなぁと感心するばかりです。

参加者からの感想です
ピーターと狼ではソプラノサックス用楽譜を用意して頂きました、ありがとうございました!快適でした。演奏も快適に聞こえるようにがんばります!

初見での演奏が一度ですんなり通せることは少なくて、途中完全に落ちてしまったら、自己申告(長休符かなと周りと思っているから、声をあげることが大切!)して、少し前からやり直しをします。初見苦手だけど挑戦してみたい方、ぜひ楽器をもって遊びに来てください!もちろん、得意な方もいらしてください!

posted by kangaku at 09:39| Comment(0) | 活動レポ2017